平安時代漢字字書総合データベースの開発

平安時代漢字字書総合データベース(Integrated Database of Hanzi Dictionaries in Early Japan、略称HDIC)は、次に掲げる中国・日本の漢字字書データベースから構成される。

○中国

  • 『玉篇』(梁・顧野王撰、543年成、現存2,087字、原本玉篇、Yuanben Yupian、略称YYP)
  • 『大広益会玉篇』(宋・陳彭年等撰、1013年成、約22,800字、宋本玉篇、Songben Yupian、略称SYP)
  • 『大宋重修廣韻』(宋・陳彭年等撰、1008年成、約25,300字、宋本広韻、Songben Guangyun、略称SGY)
  • 『龍龕手鏡』(遼・行均撰、997年成、約26,000字、高麗版、Gaoliben Longkan shoujing、略称GLS)

○日本

  • 『篆隷万象名義』(空海撰、9世紀初、約16,000字、高山寺本篆隷万象名義、Kozanjibon Tenrei bansho meigi、略称KTB)
  • 『新撰字鏡』(天治本、昌住撰、10世紀初、約21,000字、天治本新撰字鏡、Tenjibon Shinsen jikyo、略称TSJ)
  • 『類聚名義抄』(図書寮本、1100年前後、約3,600項目、図書寮本類聚名義抄、Zushoryobon Ruiju myogi sho、略称ZRM)
  • 『類聚名義抄』(観智院本、12世紀後半、約32,000項目、観智院本本類聚名義抄、Kanchi’inbon Ruiju myogi sho、略称ZRM)